2024/02/28

災害見舞金を従業員に支給したときは社会通念上相当なものであれば源泉徴収の必要はありません。

 従業員やその家族が地震や豪雨等の災害。火災等の被害にあったとき、災害見舞金や火災見舞金といった名称で見舞金を支給することがあります。
 災害見舞金等は社会通念上相当と認められるものには課税しないこととなっており、源泉徴収を行う必要がありません。

続きを読む

2023/12/21

警報級の大雪。大雪による休みは欠勤ですが事前に有給休暇取得を奨励する解決策があります。

 今季最強の寒波により警報級の大雪の恐れ。大雪であっても会社が通常通り業務を行っている場合に社員が休みや遅刻した場合には給与の支払いは発生しません。
 しかし、大雪の程度により公共交通機関の停止や遅延。通勤上の安全等の観点から柔軟な対応の検討が必要な場合もあります。

続きを読む

2023/12/03

季節性インフルエンザと新型コロナによる欠勤等による余裕のある人員計画が必要です。

 2023年の季節性インフルエンザが早い段階から感染が広がっていることから、社内感染予防を考慮した出勤停止等による影響が徐々に大きくなっています。更に新型コロナ(コロナ2019)による出勤停止等をふまえると、冬季は季節性インフルエンザがある程度落ち着くまでは、余裕を持った人員計画が必要となっています。

続きを読む