2024/02/28

災害見舞金を従業員に支給したときは社会通念上相当なものであれば源泉徴収の必要はありません。

 従業員やその家族が地震や豪雨等の災害。火災等の被害にあったとき、災害見舞金や火災見舞金といった名称で見舞金を支給することがあります。
 災害見舞金等は社会通念上相当と認められるものには課税しないこととなっており、源泉徴収を行う必要がありません。

続きを読む